甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

全国のご当地甘酒をご紹介

久々にアップします!
「あまえっこ」なる微笑ましい名前のこの甘酒。オフィスビルの一階で不定期開催していた物産フェアで購入しました。
WEBにはほとんど情報がないのですが、秋田県角館町で地場食品を製造販売しているアルクさんが販売しています。


DSC_1939

素朴なパッケージ。

DSC_1941

価格:200ml  レシートを紛失しましたがたぶん300円くらい
製造元:アルク(秋田県)

長野県伊那市、宮島酒店さんの甘酒です。
明治44年創業(1911年)。
防腐剤無添加、契約栽培米の利用など品質にこだわった日本酒造りをされています。


DSC_1924

古式ゆかしいパッケージ。

ラベル右上にあるとおり、「信濃錦」という日本酒が看板銘柄です。


DSC_1926

シナモンパウダー入りラテやババロワなど、この狭いスペースになかなかお洒落なレシピを載せています。

ラベルの裏側を撮影し忘れてしまいました…


DSC_1928

粒ありタイプ。
甘さも風味も標準的な甘酒です。濃度がしっかりあるので、飲み始めてから後半は瓶を傾けても、降っても、なかなか中身が出てきません(苦笑)。
ヨーグルトのトッピングなどには向いています。


価格:750g 770円
製造元:宮島酒店(長野県)


信州諏訪市にて寛文二年(1662年)創業の老舗、宮坂醸造さん。
「眞澄」という代表的な日本酒銘柄の名がついた甘酒です。お店のWEBによれば、昨年末から販売開始したとのこと。
詳しくはわかりませんが、「7号酵母」という優良酵母を輩出した酒蔵だそうです。


DSC_1909
涼やかな色あいのパッケージ。


DSC_1911

原料は、うれしい米糀100%。期待が持てます。優良酵母があるくらいなので、糀にも自信があるのでしょう。

DSC_1913

粒なしタイプ。
米糀100%だけあって、スッキリとした風味です。甘さもほどよい感じ。
パウチタイプなので保存もしやすく、デイリーの飲料に最適な甘酒です。

価格:500g  680円
製造元:宮坂醸造(長野県)

↑このページのトップヘ