甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

全国のご当地甘酒をご紹介

片山商店さんは、新潟県新潟市にある米・糀・味噌の専門店です。創業明治三十八年(1905年)。
店主は五ツ星お米マイスター(全国で500名弱の難関資格だそう)を持ち、素材にこだわった製品を生み出されています。

image


「一夜酒」が甘酒の別称ですが、新潟らしく「雪」にアレンジされています。
小雪舞うパッケージがかわいらしいです。

image


お米と糀は、新潟県産コシヒカリを使用。

image


米粒が多めの、お粥系甘酒です。ストレートタイプ。
飲むとお米の味がしっかり感じられ、飲みごたえ+食べ応えのあるおいしい甘酒です。

WEBを見ると、米糀の製法に秘訣がある模様。
糀は米をパラパラにすることが重要なので、粘りの強いコシヒカリには不向きといわれていたそう。
そこを、糀がむらなく出来上がるよう丁寧に手入れをする。糀を木製の容器「へぎ」に小分けし、「コモ」と呼ばれるわらで作った上蓋をかけて湿度を調節する、「糀へぎコモ掛け製法」という手法をとっているそう。
結果として、米粒一粒一粒が「きれい」で「力強い」米糀になり、おいしい甘酒が作られます。

150gという、手ごろな飲みきりサイズもうれしいです。

価格:150g 260円
製造元:片山商店(新潟県)


群馬県の糀屋さん、二回目の登場です。
前回はパウチタイプの甘酒をご紹介しましたが、今回は瓶タイプ。

image


時代劇か劇画のようなパッケージです。

image


お米は、秋田県産あきたこまちを利用。
ちなみにこの瓶タイプ、アマゾンや楽天で買えますが、糀屋さんの公式WEBではなぜか扱いがありません。

image


程よく粒が入っています。ストレートで飲めますが、若干甘め。標準的な糀甘酒といっていい風味です。
なおパウチタイプの「こうじのしずく」は粒なし、濃縮でした。好みで使い分けできます。


こうじのしずく
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/14529531.html

価格:720ml 1020円
製造元:糀屋(群馬県)

丸井スズキさんは、創業明治28年の菓子専門問屋です。東京日本橋は小伝馬町に本店を構え、東部地区中心に、かりん糖などの専門店を展開しているようです。

image


可愛らしいパッケージです。

image


原材料はシンプル。

image


ぼんぼんは通気性が大事なようで、飴の包みに小さな穴が沢山開けられています。

image


口に入れると、カリッとすぐに飴が割れて甘酒のシロップが流れ込んできました。
ほのかな酒粕風味。アルコールは入っていないですが、大人味のぼんぼんです。

価格:90g 204円
販売元:丸井スズキ(東京都)

↑このページのトップヘ