甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

2017年08月

以前にフルーツ甘酒をご紹介した、山形県櫛引農村工業農業協同組合連合会(櫛引農工連)さんの乳酸菌甘酒です。


image


image


山形県の伝統野菜「あつみかぶら(温海かぶ)」から抽出した植物性乳酸菌を使用。この乳酸菌にはオルニチンも含まれているそうで、乳酸菌無添加の甘酒に比べて、シジミの5〜6倍に相当するオルニチンが含まれています。

image


粒なしタイプ。
乳酸菌甘酒特有の酸味があり、嗜好品といよりは健康飲料らしい風味です。

ちなみにフルーツ甘酒はこちら
ラ・フランス フルーツ甘酒
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/20229211.html


価格:160g 400円
製造元:櫛引農工連(山形県)

三重県伊勢市の味噌・醤油醸造元「糀屋」の糀プリンを成城石井で購入しました。糀屋さんは創業江戸文化十三年(1816年)、伊勢神宮のお膝元で200年の歴史を誇る老舗です。

image


伝統を感じさせるパッケージです。

image


糀は三重県産コシヒカリ、名水100選に選ばれる宮川のお水を使用。

image


食べてみると、糀の風味はかすかに感じる程度で、普通にプリンとして美味しいです。
砂糖を極力控えて甘糀の素朴な甘さを引き出し、隠し味にたまり醤油を加えているとのこと。濃厚な風味はたまり醤油が効いているのかもしれません。

価格:1個 300円
製造元:株式会社糀屋(三重県)

白州屋まめ吉さんは、ウィスキーやミネラルウォーターで有名な山梨県北杜市白州町にて、大豆中心の自然食品を製造販売しています。平成17年設立、素材は山梨県産にこだわっています。

image


カル○スやラムネを連想させるパッケージ、爽やかです。

image


image


甘酒+植物性乳酸菌。お米は、山梨県北杜市産特Aブランド米「梨北米(りほくまい)」を使っているそうです。

image


粒なしタイプ。他の乳酸菌入り甘酒に比べると、酸味は弱いほうだと思います。甘酒の味わいがしっかりありながら、さっぱりした飲み口です。サイズ的にも飲みやすいです。

価格:150g 180円
製造元:白州屋まめ吉(山梨県)

徳島県で、おもに味噌製品を作っているかねこみそさんの甘酒です。昭和7年(1932年)創業。

image


まるで醤油かめんつゆのような実用的な外観ですが、ペットボトルは瓶よりも扱いやすくて助かります。


image


原料に寒天が入っています。
寒天は、同じく徳島県のメーカーであるヤマク食品の甘酒にも入っていました。徳島ローカルの特色なんでしょうか。

「蔵の甘酒」ヤマク食品
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/3691261.html

image


スマートに健康増進。流行りのキーワードを押さえてますね。

image


粒多めでとろみのあるタイプ。甘さがしっかりしているので、牛乳などで割るのをおすすめします。調味料もしても使いでがありそうです。

価格:1000ml 600円くらい
製造元:かねこみそ(徳島県)

↑このページのトップヘ