ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)をコンセプトにした、お洒落なカフェとデリのお店Kouji&ko。
発酵学者小泉武夫氏のアドバイスのもと、大島今日シェフが商品開発を担当。彩り豊かなお総菜はどれも美味しそうで魅力的なのですが、ここは甘酒に絞ってレポーティングします。

DSC_1870

14時までならランチドリンクは無料とのことで、迷わず甘酒をオーダー。
大きめのカップに並々と注がれています。

DSC_1871

粒は少なく、甘さもかなり控えめ。
食事と合わせるドリンクを意識してなのか、かなりあっさりした風味です。

お土産用も購入してみました。
こちらのほうが、カフェで飲んだものよりも甘さが強かったです。やっぱりカフェでは薄めに仕立ててあるのかもしれません。

DSC_1881

福島県の糀和田屋さんが製造しています。

糀和田屋さんには、こんな甘酒もあります。

糀あま酒(糀和田屋)

http://amazaketankentai.blog.jp/archives/22031508.html

DSC_1882


こちらはカボチャ味。ほんのりカボチャの風味がしました。
DSC_1883
DSC_1884

価格:お土産用
プレーン  160g 250円
カボチャ  160g 270円
販売元:Kouji&ko(東京都)