成田山を参拝したさい、参道の農産物直売所「房の駅」で見つけた甘酒です。

image


1kg入りでパックになっています。

諏訪商店は、現在は「やます」という名前で千葉のお土産品を製造販売しています。房の駅も、やますさんが運営しています。落花生を使った製品が多く、甘酒はこちらの種類だけのようです。

原料は、お米と糀に加えて砂糖、酒粕、塩が入っています。
お米の粒は多いです。砂糖と塩で濃い目に味付けされていますが、酒粕の風味はあまりしません。残念ながらいまひとつ特徴に欠ける甘酒です。
まあ糀を専門に扱っているわけではないので、そのわりには健闘しているとも言えます。

価格:1㎏ 1000円しないくらい(メモを忘れました)
製造元:諏訪商店(千葉県)