桜甘酒第2弾。
稲垣来三郎匠は、長野県にある味噌とお漬物の蔵元で、甘酒にも力を入れています。社名は創業者の名前が由来とのこと。

image


image


ちなみにプラスチックの蓋を取ると、中は栓抜きが必要になっていました。

image


飲んでみると、桜の香料が人工的な風味に感じられ、ちょっと気になります。
先日飲んだ三崎屋醸造の桜甘酒(http://amazaketankentai.blog.jp/archives/4638163.html)のほうが、香りづけに桜葉を用いているので自然な風味で好みでした。
米粒感は、どちらもしっかりしています。

稲垣来三郎匠さんは、ご紹介した桜あま酒のほかにも、変わり種で生乳と甘酒をブレンドした「甘酒ミルク」という瓶詰も販売しており、これまた美味しそうです。

(その後)
甘酒ミルク、トライしました
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/7622264.html

こちらも同じ製造元
丸昌稲垣「発芽玄米甘酒」
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/11133294.html

製造元:丸昌稲垣株式会社(長野県)
価格:300g550円