甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

カテゴリ: 甘酒

久々にアップします!
「あまえっこ」なる微笑ましい名前のこの甘酒。オフィスビルの一階で不定期開催していた物産フェアで購入しました。
WEBにはほとんど情報がないのですが、秋田県角館町で地場食品を製造販売しているアルクさんが販売しています。


DSC_1939

素朴なパッケージ。

DSC_1941

価格:200ml  レシートを紛失しましたがたぶん300円くらい
製造元:アルク(秋田県)

長野県伊那市、宮島酒店さんの甘酒です。
明治44年創業(1911年)。
防腐剤無添加、契約栽培米の利用など品質にこだわった日本酒造りをされています。


DSC_1924

古式ゆかしいパッケージ。

ラベル右上にあるとおり、「信濃錦」という日本酒が看板銘柄です。


DSC_1926

シナモンパウダー入りラテやババロワなど、この狭いスペースになかなかお洒落なレシピを載せています。

ラベルの裏側を撮影し忘れてしまいました…


DSC_1928

粒ありタイプ。
甘さも風味も標準的な甘酒です。濃度がしっかりあるので、飲み始めてから後半は瓶を傾けても、降っても、なかなか中身が出てきません(苦笑)。
ヨーグルトのトッピングなどには向いています。


価格:750g 770円
製造元:宮島酒店(長野県)


信州諏訪市にて寛文二年(1662年)創業の老舗、宮坂醸造さん。
「眞澄」という代表的な日本酒銘柄の名がついた甘酒です。お店のWEBによれば、昨年末から販売開始したとのこと。
詳しくはわかりませんが、「7号酵母」という優良酵母を輩出した酒蔵だそうです。


DSC_1909
涼やかな色あいのパッケージ。


DSC_1911

原料は、うれしい米糀100%。期待が持てます。優良酵母があるくらいなので、糀にも自信があるのでしょう。

DSC_1913

粒なしタイプ。
米糀100%だけあって、スッキリとした風味です。甘さもほどよい感じ。
パウチタイプなので保存もしやすく、デイリーの飲料に最適な甘酒です。

価格:500g  680円
製造元:宮坂醸造(長野県)

島根県は奥出雲町。神話のにおいがする名前の町に構える酒蔵、奥出雲酒造の甘酒です。
大正14年に前身となる酒造が創設され、現在は道の駅を兼ねた直売店舗「酒蔵 奥出雲交流館」を運営しているそう。

DSC_1893
うさぎさんが仕込みをしているのでしょうか。ピンクがベースのラベルも可愛らしくていいですね。

DSC_1894
お米、米こうじともに島根県産の地元米を使用。
奥出雲は、島根県のなかでも酒造好適米の産地として有名だそうです。


DSC_1896

粒はすりつぶされています。
濃度が高く、瓶から注ごうとしても詰まって流れにくいくらいなのですが、意外と甘さは控え目です。
牛乳や豆乳で割り、さっぱりと頂けます。

価格:780g  816円
製造元:奥出雲酒造(島根県)

ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)をコンセプトにした、お洒落なカフェとデリのお店Kouji&ko。
発酵学者小泉武夫氏のアドバイスのもと、大島今日シェフが商品開発を担当。彩り豊かなお総菜はどれも美味しそうで魅力的なのですが、ここは甘酒に絞ってレポーティングします。

DSC_1870

14時までならランチドリンクは無料とのことで、迷わず甘酒をオーダー。
大きめのカップに並々と注がれています。

DSC_1871

粒は少なく、甘さもかなり控えめ。
食事と合わせるドリンクを意識してなのか、かなりあっさりした風味です。

お土産用も購入してみました。
こちらのほうが、カフェで飲んだものよりも甘さが強かったです。やっぱりカフェでは薄めに仕立ててあるのかもしれません。

DSC_1881

福島県の糀和田屋さんが製造しています。

糀和田屋さんには、こんな甘酒もあります。

糀あま酒(糀和田屋)

http://amazaketankentai.blog.jp/archives/22031508.html

DSC_1882


こちらはカボチャ味。ほんのりカボチャの風味がしました。
DSC_1883
DSC_1884

価格:お土産用
プレーン  160g 250円
カボチャ  160g 270円
販売元:Kouji&ko(東京都)

栃木県那須町にて、女性三人で農業を営む「アロハファーム」。都内のマルシェで見つけた甘酒です。


DSC_1867

なぜ那須でALOHA?と一瞬思いますが、東日本大震災を乗り越え、女性三人で農業を続ける彼女たちの強い思いが込められた言葉なのだそうです。

DSC_1868

500ml濃縮タイプと、大ぶりなパッケージ。たっぷりいただけます。


00110001

米粒はありません。濃縮タイプなので甘味はしっかりあり、ヨーグルトにまぜたりするのにも向いています。

お米の糠くささが出ないよう精米にも気を配っているとのことですが、確かに甘味が強いわりには風味はすっきりしていて美味しいです。
調味料としても飲料としてもいける、使い勝手のいい甘酒です。

価格:500ml  1000円
製造元:アロハファーム(栃木県)

島根県安来市で大正15年(1926年)から味噌・醤油を作っている大正屋醤油店。金山寺味噌が看板なようですが、甘酒も販売しています。


DSC_1862

「昔ながら」とうたうだけあって、昭和な趣を感じさせるパッケージです。

DSC_1863

島根県産のお米を100%使用。
濃縮のペーストタイプです。

DSC_1865

粒はまったくありません。
風味はまさに「昔ながら」という表現がぴったりの懐かしい味。スッキリとはしていませんが、こくのある飲み口でヨーグルトなどに混ぜても合います。

価格:300g  432円
製造元:大正屋醤油店(島根県)


信州伊那谷の酒蔵、仙醸さんは創業慶應2年(1866年)、150年の歴史を誇る老舗です。
2016年2月に紹介したプレーンタイプの甘酒に続く、二回目の登場。
今回はフルーツがブレンドされた麹スムージーを2種類、ご紹介。


DSC_1816


かわいらしいラベル。
テープにもこだわりがあり、ブレンドされているりんご・ラズベリー・いちごの文字が。


DSC_1818

原料は米麹と信州産果実だけです。

DSC_1820

一瓶でちょうどカップ一杯分の飲みきりサイズです。
米粒も、瓶に飲み残しが出にくい ちょうどよい塩梅で入っています。
フルーツの香りと果汁が効いていて、飲みやすいです。

仙醸さんのプレーンタイプの甘酒は甘味がかなり強かった記憶があるのですが、こちらはさっぱりしています。


DSC_1824

こちらはぶどうのコンコード、りんご、ブルーベリーのミックス。

DSC_1825

DSC_1827

こちらも、ジュースのようにくいくい飲めるさっぱり風味です。


米麹仕込み あま酒
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/3534707.html

価格:一本120g 350円
製造元:仙醸(長野県)


あめこうじは、秋田県総合食品研究センターが開発したオリジナルの麹菌。強い甘味とすっきりした風味が特徴だそうです。

DSC_1811

可愛いロゴマークも、あめこうじオリジナルです。


DSC_1812

お米も麹もお水も、すべて秋田県産。
製造元は個人名になっています。

DSC_1815

米粒は少ないけれども、かたちがしっかりしているタピオカ系。口に含むと、ホロホロと米粒が喉を通り抜けます。
確かにストレートだと甘味は強めですが、糀のドロッとしたくどさがないので飲みやすいです。

一回では飲みきれないので、保存しやすいようにパウチにチャックがあると、もっと嬉しいかな。


価格:200ml  240円
製造者:藤本欣平(秋田県)

京都の味噌醸造元、本田味噌さんの甘酒です。創業天保元年(1830年)。
本田味噌さんは、もともと禁裏御所御用達として宮中に味噌を献上しており、いわゆる「西京味噌」の元祖でもあります。


DSC_1778

パウチですがチャックや蓋がないので、いったん封を切ると瓶などに移し替える必要があります。


DSC_1780

食塩入り。濃縮タイプです。

DSC_1782

粒感がほどよく残っています。
濃縮タイプで味が濃い目なので、ヨーグルトに混ぜたりするのもおすすめです。

価格:360g 368円
製造元:本田味噌本店(京都府)


福島県は奥会津で、自然食品にこだわったあんみつやこんにゃくなどを製造する「味ひろ」さんの甘酒です。
創業昭和62年(1987年)。

[画像:72759e4d-s.jpg]

なんだか昭和っぽい、安心するパッケージデザインてす。



[画像:2b0c6db6-s.jpg]

南会津山峡の天然水に加え、お米も会津産ひとめぼれを使用。


[画像:200a7a1f-s.jpg]

温めかたの説明が丁寧です。
鍋からカップに移してお飲みくださいとまで。直接鍋から飲む人は少ないと思いますが・・・


[画像:79a3ae5d-s.jpg]

粒は少なめ。
ストレートタイプですが、甘さは強めです。
くせもなく、標準的な味の甘酒ですが、価格的にお手頃です。


価格:350ml  200円
製造元:味ひろ(福島県)

以前りんご甘酒を紹介した高善商店さんの純米甘酒です。
仙台駅のお土産ショップで見つけて購入しました。

image


岩手の和スイーツ!
容器の形状はりんご甘酒と同じです。

image


岩手県産のお米と生糀を使用。
濃縮タイプ。
なぜかやたらスイーツとして食べることをお勧めしています。

image


米粒が若干多め。濃縮なので、甘さもしっかりあります。
WEBには昔ながらの甘酒とありますが、確かに、すっきりした風味ではなく懐かしい素朴な味がする甘酒です。


江刺りんご甘酒
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/9644018.html

価格:180g 432円
製造元:高善商店(岩手県)

片山商店さんは、新潟県新潟市にある米・糀・味噌の専門店です。創業明治三十八年(1905年)。
店主は五ツ星お米マイスター(全国で500名弱の難関資格だそう)を持ち、素材にこだわった製品を生み出されています。

image


「一夜酒」が甘酒の別称ですが、新潟らしく「雪」にアレンジされています。
小雪舞うパッケージがかわいらしいです。

image


お米と糀は、新潟県産コシヒカリを使用。

image


米粒が多めの、お粥系甘酒です。ストレートタイプ。
飲むとお米の味がしっかり感じられ、飲みごたえ+食べ応えのあるおいしい甘酒です。

WEBを見ると、米糀の製法に秘訣がある模様。
糀は米をパラパラにすることが重要なので、粘りの強いコシヒカリには不向きといわれていたそう。
そこを、糀がむらなく出来上がるよう丁寧に手入れをする。糀を木製の容器「へぎ」に小分けし、「コモ」と呼ばれるわらで作った上蓋をかけて湿度を調節する、「糀へぎコモ掛け製法」という手法をとっているそう。
結果として、米粒一粒一粒が「きれい」で「力強い」米糀になり、おいしい甘酒が作られます。

150gという、手ごろな飲みきりサイズもうれしいです。

価格:150g 260円
製造元:片山商店(新潟県)


群馬県の糀屋さん、二回目の登場です。
前回はパウチタイプの甘酒をご紹介しましたが、今回は瓶タイプ。

image


時代劇か劇画のようなパッケージです。

image


お米は、秋田県産あきたこまちを利用。
ちなみにこの瓶タイプ、アマゾンや楽天で買えますが、糀屋さんの公式WEBではなぜか扱いがありません。

image


程よく粒が入っています。ストレートで飲めますが、若干甘め。標準的な糀甘酒といっていい風味です。
なおパウチタイプの「こうじのしずく」は粒なし、濃縮でした。好みで使い分けできます。


こうじのしずく
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/14529531.html

価格:720ml 1020円
製造元:糀屋(群馬県)

丸井スズキさんは、創業明治28年の菓子専門問屋です。東京日本橋は小伝馬町に本店を構え、東部地区中心に、かりん糖などの専門店を展開しているようです。

image


可愛らしいパッケージです。

image


原材料はシンプル。

image


ぼんぼんは通気性が大事なようで、飴の包みに小さな穴が沢山開けられています。

image


口に入れると、カリッとすぐに飴が割れて甘酒のシロップが流れ込んできました。
ほのかな酒粕風味。アルコールは入っていないですが、大人味のぼんぼんです。

価格:90g 204円
販売元:丸井スズキ(東京都)

1985年から自然食品の卸・小売を営んでいるナチュラル・ハーモニーさん。
肥料も農薬もつかわず育てた自然栽培のお米と、天然麹菌(純粋培養ではない麹菌)で醗酵させたあまざけです。

image


ナチュラルおしゃれなパッケージです。

image


1:1で割る濃縮タイプ。

image


玄米甘酒ではないのに、強い独特の風味があります。天然麹菌が影響しているのでしょうか。
甘味も強いです。

WEBによれば、販売はナチュラル・ハーモニーさんですが、製造されているのは福井県のマルカワ味噌さんだそう。
マルカワさんなら、この風味のインパクトも納得です。

甘酒初心者の方にはちょっと癖が強いので、ヨーグルトに混ぜるなど、酸味と合わせる食べ方をおすすめします。

有機あまざけ(マルカワ味噌)
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/9830739.html

価格:250g 463円
販売元:ナチュラル・ハーモニー(東京都)

酒粕甘酒のビッグネーム、森永製菓さんからこれまた超メジャーなチョコボールとのコラボレーションが生まれました。
9月くらいから、セブンイレブン限定で販売していたようです。

image


キョロちゃんが甘酒柄になってます。
あけ方が凝っていて、プルトップのイラスト部分があけくちになっているのですが、うっかりいつもの習慣でくちばしから開封してしまいました。。。

image


口に入れた瞬間に酒粕の香りがひろがりますが、基本はホワイトチョコレートとビスケットなのでそれほど甘酒風味は強くないです。
酒粕甘酒が苦手な娘も喜んで食べていました。

価格:一箱80円
製造元森永製菓(東京都)

秋の松島へやってきました。
島々がよく見えるロケーションの観瀾亭は、伊達藩主が代々お月見などで利用した別邸だそう。

image


奥が当時のお茶室、手前がカフェスペースになっています。

image


庭に面した席からは、松島遊覧船の発着場がよく見えます。
こちらで甘酒を頂きました。

image


熱々なので気をつけて下さいね~と親切な店員さん。
秋のオープンカフェでは心地よい温かさです。
量も、なみなみとたっぷり。


image


松ぼっくりは演出です(笑)


image


粒無しで、ほのかに酒粕と生姜の風味がします。酸味も感じられます。
手作りではなく市販の甘酒らしき味ですが、松島の眺めとともに、優雅な気持ちで頂きました。


価格:一杯300円

東海地方ではメジャーな味噌・醤油醸造会社、イチビキさんの糀甘酒です。
創業は1772年(安永元年)、味噌・醤油からめんつゆ、加工調味料まで広く手掛けています。

image


一袋40g×5袋入りの濃縮タイプ。お湯などでのばして頂きます。

image


砂糖や塩など、調味料が色々配合されています。

image


パッケージの中身はこんな感じ。

image


少し粒が残ってます。
牛乳で割りましたが、かなり甘い!砂糖は必要ないのでは、と感じるほどの甘さです。
そのままジャムがわりにしてもいいかもしれません。

価格:一袋40g×5袋 600円くらい
製造元:イチビキ(愛知県)

まめ吉さん二回目の登場です。
大豆の甘酒のコラボレーションという独特の製品が特徴ですが、こちらは加えて国産柚子の果汁をブレンド。

image


大豆と柚子のイラストが愛らしいです。

image


image


大豆、お米、水は山梨県産を使用。

image


粒なしタイプ。
乳酸菌入り甘酒はもともと酸味がありますが、柚子の風味が加わるので、ソフトドリンクのような軽い口当りです。
シリーズの「爽やか甘酒」よりも飲みやすいかも。


爽やか 甘酒
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/24623073.html


価格:150g 200円弱
製造元:白州屋まめ吉(山梨県)

↑このページのトップヘ