甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

カテゴリ:甘酒 > 兵庫県

姫路城観光のさい、城下町のお土産屋さんで見かけ購入しました。
販売元のアリモトさんは、山田錦を使ったおせんべいなど、もともと米菓が専門のお店のようです。創業昭和27年。
WEBを見ても甘酒は見当たらず。お土産店のみの販売かもしれません。

image


紙の容器に入ってます。

image


ちなみに製造元の食品衛生デザインオフィスさんは、中小企業対象の食品衛生コンサルティングから始まり、現在は柚子などの柑橘を使った食品を作っているという面白い会社です。

image



紙容器を開けるとこんな感じ。

image


すっきりした甘さに、麹の風味も上品で美味しいです。粒がほどよい頃合いですり潰されており、さらりとした飲み口のなかでもきちんと粒感が残ります。

製造・販売の二社さんとも糀が専門ではないのに、これだけ美味しい甘酒を生み出したとは。
山田錦効果もあるのでしょうか。
さすが天下の姫路城、味のクオリティーあなどれないです。


価格:300g 忘れましたが400円くらい?
製造元:有限会社 食品衛生デザインオフィス
販売元:合名会社アリモト(兵庫県)

白雪食品は日本酒「白雪」の蔵元、伊丹にある小西酒造のグループ会社です。白雪の酒粕を使った奈良漬けの製造販売がメインですが、酒まんじゅうや甘酒も作ってます。

image


レトロなイラストに惹かれ、アマゾンで即買いです。

image


image


ペースト状の濃縮タイプで、米粒感はほとんどありません。

image

豆乳で割りました。

飲んでみると、平坦な甘さというか、糀の風味がこれまで飲んだ他の甘酒に比べて少し弱い気がしました。
逆に言えば、クセが少ないので調味料には向いてます。

製造元:白雪食品(兵庫県)
価格:300g 300円



こちらもお馴染みの日本酒老舗、白鶴酒造の甘酒、抹茶入りです。

image


image


抹茶は全国有数の産地・愛知県西尾市(松鶴園)のものを使用。香料・着色料不使用です。

image


グリーンのなかに糀がちらほら見られます。
飲んでみると、抹茶よりも酒粕風味のほうが勝っている気がしました。
甘さは抹茶効果か控え目なので、飲みやすい仕上がりです。

製造元:白鶴酒造(兵庫県)
価格:190g120円

お馴染みの日本酒蔵元、大関の甘酒。

酒粕をベースに、砂糖、生姜、蜂蜜などをバランスよくブレンド。粒は全くなく、なめらか。0.8%アルコール含んでおり、酒粕風味が効いた弱めのカクテル、といった感じです。
DSC_0206


価格:190g 115円
製造 大関(株)兵庫県

↑このページのトップヘ