甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

カテゴリ:甘酒 > 大分県

大分県の糀専門店、糀屋本店の甘酒「一夜恋(ひとよこい)」です。
甘酒は一晩で出来上がることから、別名「一夜酒」と呼ばれるのにかけているのでしょう。洒落たネーミングです。

糀屋本店は元禄二年 (1689)創業、300年以上の歴史がある糀屋さんです。

image


お取り寄せすると、冷凍便で送られてきました。何でも、野菜などは再冷凍すると冷結膨張で何度も細胞が破壊され風味が落ちますが、この甘酒の成分はすでに分解されたものなので、再冷凍しても風味が落ちないとのこと。毎日少しずつ飲む場合は、その都度冷凍するのがお勧めだそうです。毎朝飲むなら、飲んだ後に冷凍し夜に解凍しておく。

image


もち米が原料です。

image


飲んでみると、もち米の味がしっかり感じられます。米粒は硬めで、ほどよい大きさに砕かれています。甘さも調度よい塩梅で、すっきりしています。300年の伝統ならではの美味しさです。

実際に再冷凍して飲みましたが、確かに味は変わりません。少しずつ楽しんで飲んでいます。

価格:500ml 864円
製造元:糀屋本店(大分県)

大分県の酒蔵「ぶんご銘醸」は、「亀の甲」とおなじメーカーです。 image
image



アマゾンでは国菊と比較されることもありますが、国菊よりもやや甘みが強いと感じました。お米の粒感は多目で、粗ごしな感じです。

製造元:ぶんご銘醸(大分県)
価格:900ml 799円

(有)亀の甲さんは、大分県の酒蔵「ぶんご銘醸㈱」から甘酒造りを分離して設立したメーカーだそうです。
甘酒に対する熱い思いが感じられます。
image
甘さも米粒加減も程よく、スタンダードな甘酒。今回は赤ラベルをいただきましたが、夏限定の青ラベルもあるそうで、楽しみです。
 製造元:㈲亀の甲(大分県)
価格:500ml 560円

↑このページのトップヘ