甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

カテゴリ:甘酒 > 福井県

県本社のチルド食品メーカー、ふじや食品さんの甘酒プリンです。創業昭和28年(1953年)。豆腐や茶碗むしなどたまごを使った食品がメインのようです。

image


乳酸菌18億個。多いのか少ないのかスケール感はよくわかりませんが、お腹には良さそうです。
「大関蔵元酒粕で作った酒粕加工品を使用」と正直申告なところも好感が持てます。

image


容量90gと、けっこう大きめです。

image


口に入れると粒感はなく、なめらかなプリンです。
酒粕の風味は微かに感じられるくらいで、味はほとんどミルクプリンといっていいと思います。甘さはしつこくなく、ほどほど。

価格:90g 忘れましたが200円くらい?
製造元:ふじや食品(福井県)

マルカワみそさん、2回目の登場です。
有機米の甘酒ですが、賞味期限ぎりぎりまで保管していたら、褐色が強くなってしまい。。。無念。
本当は、もう少し白っぽい甘酒です。

image


image


濃厚で、強い甘みが特徴です。
マルカワみそさんのWEBによれば、甘さの理由は、「はや作り」といって米麹と水のみを使った製法だから。白米や餅米は入っていません。麹の風味も、この作り方が一番強いそうです。

image


甘酒は、原料が同じこともあり、どうしても似たような味に感じてしまいがちです。正直なところ印象が薄い銘柄もあるのですが、パンチの効いたマルカワみそさんの甘酒は一度飲んだら忘れられません。
口当たりのいい甘酒では物足りなくなった方におすすめです。

玄米あまざけはこちら
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/cat_177334.html

価格:250g 432 円
製造元:マルカワみそ(福井県)

創業1914年の老舗味噌蔵、マルカワみその玄米甘酒です。「粒」と「すり」の二種類がありますが、まずは「粒」をご紹介。

WEBからお取り寄せをしましたが、メールのお返事が丁寧なうえ、届いた商品には手書きの手紙が。溢れるホスピタリティに、お味への期待度が高まります。


image


image


お湯や牛乳で薄めて頂く濃縮タイプです。

image


原液は黄色みがかっています。

豆乳と1:1で割って飲みました。
酸味が少しあり、甘みはWEBで強調されているほど強くないと感じました。
「甘」酒というより、スープに近い飲み方もできそうな独特の味です。
何と言うか、身体に効きそうな味がします。

甘酒は、沢山飲むと甘味に飽きてしまうものもあるのですが、その心配はなく一気に飲めました。
甘酒初心者よりは、中~上級者向けだと思います。


2016/9/7 追記

「すり」タイプも飲んでみました。
こちらも独特の酸味と風味があり、通好みの味です。

image


image




価格:250g 463円
製造元:マルカワみそ(福井県)

↑このページのトップヘ