甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

カテゴリ:甘酒 > 愛知県

東海地方ではメジャーな味噌・醤油醸造会社、イチビキさんの糀甘酒です。
創業は1772年(安永元年)、味噌・醤油からめんつゆ、加工調味料まで広く手掛けています。

image


一袋40g×5袋入りの濃縮タイプ。お湯などでのばして頂きます。

image


砂糖や塩など、調味料が色々配合されています。

image


パッケージの中身はこんな感じ。

image


少し粒が残ってます。
牛乳で割りましたが、かなり甘い!砂糖は必要ないのでは、と感じるほどの甘さです。
そのままジャムがわりにしてもいいかもしれません。

価格:一袋40g×5袋 600円くらい
製造元:イチビキ(愛知県)

以前にもご紹介したことがある、愛知県半田市の蔵元、中埜酒造さんのフルーツ甘酒です。今回は夏らしく桃味です。

image


使い勝手のいいパウチタイプ。
国産桃を使用。

image


image


粒なし、うっすらピンク色です。
桃の味がジューシーで、子どもにも大好評でした。牛乳などで割り、おやつにお薦めです。


酒造の甘酒(中埜酒造)
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/7335943.html

価格:300g 370円
製造元:中埜酒造(愛知県)

山﨑合資会社は明治36年(1903年)創業の日本酒蔵元です。三河湾にほど近い愛知県西尾市が拠点で、「尊皇」という銘柄が主力ブランドです。

image


お洒落なボトルですね。



image


原料は米麹(愛知県産夢吟香)のみ、お米は混じっていません。
精米歩合60%の吟醸麹を利用。


image


粒感満載ですが、液体の量もそれなりにあります。飲むときに、液体にまじって粒がホロホロと喉を伝う感覚が新鮮な甘酒です。
お粥系ではなくタピオカドリンク系とでも言いますか(笑)
甘さはほどほど、しつこくありません。

価格:500g 750円
製造元:山﨑合資会社(愛知県)

愛知県は知多半島(半田市)にある中埜(なかの)酒造の甘酒です。弘化元年(1844年)創業。
知多半島は昔から醸造業種か多く、江戸時代初期には100軒以上の酒造家が存在したそうです。
そういえば、お酢で有名なミツカンも半田市に本社があり、創業家は中埜さんです。何か縁戚関係があるのでしょうか。
ちなみに、中埜酒造は国盛という日本酒が代表銘柄です。

image


ポン酢など調味料でよくある、プラスチックの中栓を開けるタイプ。甘酒では珍しいです。

image


image


米粒はありません。ストレートタイプと銘打っているだけあり、甘さ控えめになっています。牛乳などで割ると味が薄まるので、そのままクイクイ飲むほうが向いています。
あ、お酒と割るにもぴったりです。

価格:500g 430円
製造元:中埜酒造

↑このページのトップヘ