甘酒探検隊

美容健康にいい!飲む点滴!と言われる甘酒。全国のご当地甘酒や、ぶらり入ったお店の甘酒をレポートしています。

カテゴリ:甘酒 > 山形県

昨年も紹介した山形県「おたまや」さん第2弾。
米糀と酒粕がミックスされた甘酒です。
WEB注文したら、冷凍状態で送られてきました。

image


レトロな趣のパッケージ。

image


どぶろくタイプという表現が新鮮です。
お米と糀は山形県産のはえぬき米、酒粕は吟醸です。


image


米粒はパラパラと。濃縮タイプなので甘味が強く、ヨーグルトに混ぜても合いました。酒粕タイプの甘味が好みの方には、糀も摂れるので一石二鳥かもしれません。
もちろん、日本酒で割ってもいけます。

おたまや「昔ながらの生あま酒」
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/14015428.html

価格:400g 600円くらい?
製造元:おたまや(山形県)

以前にフルーツ甘酒をご紹介した、山形県櫛引農村工業農業協同組合連合会(櫛引農工連)さんの乳酸菌甘酒です。


image


image


山形県の伝統野菜「あつみかぶら(温海かぶ)」から抽出した植物性乳酸菌を使用。この乳酸菌にはオルニチンも含まれているそうで、乳酸菌無添加の甘酒に比べて、シジミの5〜6倍に相当するオルニチンが含まれています。

image


粒なしタイプ。
乳酸菌甘酒特有の酸味があり、嗜好品といよりは健康飲料らしい風味です。

ちなみにフルーツ甘酒はこちら
ラ・フランス フルーツ甘酒
http://amazaketankentai.blog.jp/archives/20229211.html


価格:160g 400円
製造元:櫛引農工連(山形県)

山形県鶴岡市の櫛引(くしびき)農村工業農業協同組合連合会さん。略称は櫛引農工連とのこと。地元山形のお米と果物を使ったフルーツあまざけを販売しています。
イオンで何種類か扱ってましたが、今回はラ・フランスあまざけをご紹介。

image


お洒落なラベルです。

image


ラ・フランスの果汁で、少し黄色味がかっています。

image


お米、米糀、果汁いずれも山形県産。
製造者になっている津南高原農産さんは、新潟県でジュースなど、野菜やくだものの加工品を作っています。

image


粒なしタイプ。
糀の風味がうまく果物のフレーバーに隠れて、飲みやすく仕上がっています。糀が苦手な方でも、ジュース感覚でいけそうです。

WEBを見ると、フルーツ甘酒は他にさくらんぼ、山ぶどう、庄内柿がラインアップされています。

また野菜ペーストに米麹菌を加え発酵させた、「ベジスープあまざけ」(かぼちゃ、にんじん、さつまいもの三種類)という商品もありました。美味しそうです。

価格:200ml 300円くらい ?
製造元:櫛引農工連(山形県)

初登場の山形県、米沢市は「おたまや」の甘酒です。
もとは、秋葉糀味噌醸造という1832年(天保3年)創業の老舗で、「おたまや」は商標として用いていたのを有限会社にしたようです。


image


WEBで注文したら、冷凍で届きました。
こうじ菌を活かしておくため冷蔵は2日以内、それを過ぎるようならまた冷凍したほうがいいとのこと。

image




image


粒感満載。お粥系で、飲みごたえというよりも食べごたえがあります。
若干糠っぽい風味もありますが、昔ながらの甘酒ならではということでしょう。甘さはちょうど良い感じです。

image


こんな案内も同封されてました。
米沢に行ってみたくなります。

価格:400g 567円
製造元:おたまや(山形県)

↑このページのトップヘ